コラム

2021/4/7(水)

後輩から慕われる存在になるために

お仕事をされている方は、新入社員や人事異動などで職場の雰囲気が変わる時期だと思います。そんななか、新入社員の扱いに困るという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、年下の新入社員に嫌われることなく、良い関係を築いていく方法をご紹介します。

そもそも慕われる先輩というのは、自分に対して何かを与えてくれる人物です。別に食事をおごったり、プレゼントをあげるのではなく、仕事のやり方や知識を教えてあげたり、後輩を気遣う言葉などを与えるようにしましょう。
書類の書き方が分からなくて困っている後輩を見つけたら、さりげなく教えてあげるような心遣いは、間違いなく胸に響きます。
また、新入社員の悩みは、3日・3週間・3カ月といった周期で訪れると言われています。特に入社から3カ月ほどで、壁にぶつかる新入社員が多いです。そんなタイミングで、いかに温かい言葉をかけてあげられるかで信頼度はかなりアップします。
自分の仕事も忙しいでしょうが、3日おき、3週間おきくらいのペースで、それとなく困っていることはないか探ってみると良いかもしれません。

新入社員が会社を辞めることなく、順調に仕事を覚えていけばいずれ戦力になります。後輩が慕ってくれるような先輩になることは、とても大きなメリットになりますので、コミュニケーションの取り方に気を付けてみてください。

碧(みどり)

4月は12日の牡羊座新月から新しい今年の雰囲気がはじまります!今年になってなんだか動かなかったようなことも新しいコミュニュケーションによって蘇るかもです♪

ヘルプサポート

当サイト内の文章、写真、映像等の無断転載を禁じます

© 2015- Pixy Inc.

landscapeimage landscapeimage

縦にしてお楽しみください