コラム

2020/11/22(日)

恋愛を長続きさせるために

大好きな人と交際することになったら、この上ない幸せですよね。でも、相手のことが好き過ぎるがゆえに、関係が長続きしないパターンもあります。今回は、そんなダメなパターンを見ていきましょう。当てはまるところがあったら、考えを改めてみてください。

まずは、恋人の行動を常に把握しようとすること。過剰に束縛するのはダメだと分かっているはずなのに、意外と会話のなかで相手の行動を把握しようとする人は多いです。自分の知らいないところで、浮気でもされたらどうしようといった不安を解消するためですが、相手にもプライバシーがあると思ってください。相手にプレッシャーをかけるような発言や行動はヤメた方が良いです。

次に、恋人を中心に物事を考えること。恋人のことを好きなのは良いのですが、それによって自分の世界に閉じこもって周りが見えなくなる人もいます。すべてを恋人中心に考えてスケジュールを組んだり、べったりと寄りかかったような状態に陥ってしまうと危険です。相手に「重い」と思われてしまうパターンでしょう。

また、友人関係を大事にしなくなるのもいけません。恋人を好き過ぎる人がやりがちな行動として、相手が友人と遊んだりするのを良く思わないところがあります。特に、異性の友人だったりすると、嫉妬の気持ちが芽生えてしまいがちです。同時に、自分の友人関係もおろそかにしてしまいます。恋人ばかりを優先して、友人がいなくなっていたということはありませんか? お互いの友人関係は大切にしましょう。

最後に、恋人に自分と同等の愛情を求めること。ふたりとも同じくらい愛し合っているのは理想ですが、現実はなかなか難しいものです。「こんなに愛しているのに」という気持ちは、相手に「重い」と思われますし、極論すると憎しみに変わることもあります。愛情の形や度合いは人それぞれ違うで、恋人を自分本位の考えで捉えないように気をつけましょう。

純(じゅん)

何かに終わりを覚悟した時。 人生の次のステージが始まる! 新たな冒険の旅に出る時。 一緒に未来の旅に行きましょう。

ヘルプサポート

当サイト内の文章、写真、映像等の無断転載を禁じます

© 2015- Pixy Inc.

landscapeimage landscapeimage

縦にしてお楽しみください