コラム

2020/7/31(金)

お盆のお墓参りは忘れずに

そろそろ夏休みの予定を決めたい時期ですが、今年は自由な往来が出来そうにありませんね。特に、東京にお住まいの方はGoToキャンペーンの対象外になり、お出かけするのをヤメたという方もいらっしゃると思います。
今年は実家に帰省するのを控える方も多いと思いますが、可能な限りお盆のお墓参りは忘れないでください。

ご先祖様のお墓は、その家の人たちにとって最強のパワースポットです。ご先祖様に日頃の感謝を伝え、お墓をキレイに掃除することで運気はアップします。
自分のルーツを思い返したり、現状を見返すきっかけにもなるでしょう。そんなお墓参りにも正しい方法がありますのでご紹介します。

まず、お墓に行くとすぐに手桶の水をバシャバシャかけてしまう方が多いです。これは間違っているのでヤメましょう。
最初は、墓石の目立つ汚れをタワシなどで洗ってください。それから水をかけて、汚れを洗い流しましょう。さらに、少量のお塩をお墓の表面に振り、清めてから水をかけて洗い流すのがベストです。
また、洗い流した後はそのままにせず、お墓の表面の水を雑巾で拭き取ってください。そうしてお墓をキレイにしてから、お供えする花を花瓶に入れてください。

次に、お墓のお供えを置く部分には半紙を敷いて、お水とお供えものを置くようにしましょう。墓石に直に置くのは控えてください。お供ものの隣に塩を少し盛るとなお良いです。
お供ものを正しく置いたら、お線香に火を点けてご先祖様に感謝の言葉を述べましょう。「〜〜を叶えてください」など、ご先祖様にお願い事をするのはちょっと違います。「おかげさまで自分は元気にやっていますから、これからも見守っていてください」くらいに止めておくのが良いです。
細かく言わなくても、ご先祖様はきっと力になってくれるでしょう。

お供えものについては、お下がりとして持ち帰って食べると、エネルギーのチャージになって運気もアップします。一緒にお供えした塩も料理などに使ってください。

響(ひびき)

<<<お願い:鑑定の前にお名前(フルネーム・漢字の書き方)を教えてください。統計学ではなく、その方ご本人を拝見するために必要ですのでよろしくお願いします。>>>

ヘルプサポート

当サイト内の文章、写真、映像等の無断転載を禁じます

© 2015- Pixy Inc.

landscapeimage landscapeimage

縦にしてお楽しみください