コラム

2019/10/7(月)

夜の営みも大事です

恋愛や夫婦関係を円満にするためには、夜の営みも欠かせない要素のひとつです。
でも、秘め事と言われることも多いセックスに関しては、何が正解で何が間違っているのか分からないことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、古代から伝わる性に関する経典についてご紹介します。

その経典とは『カーマスートラ』という、インドのヒンドゥー教に伝わるものです。性愛・実利・聖法が人生の三大目的とされてきた、古代インドならではの経典でしょう。
ただ、「カーマ」は愛、「スートラ」は教えという意味で、決して奔放なセックスを推奨しているわけではありません。
その内容は、相手に尽くすことを重視していて、どのように愛を表現するのが良いかが書かれています。セックスもそのなかのひとつだという考え方です。

この経典は、現在も世界各国で翻訳されて、関連書籍もたくさん出版されています。なかには、ちょっと真似出来ないような体位もあって、実用的かは疑問符が付くところです。
しかし、最近マンネリだとか、愛されている実感がないという方は、参考にしてみるのも良いかもしれません。カーマスートラの本来の教えを知り、パートナーとの関係に役立ててみてはいかがでしょうか。

優子(ゆうこ)

大切な人と上手くいくコツは、付き合い方の手法やノウハウにこだわらない事と、相手に期待しすぎない事の二つです。自然体で受動することが1番の強みです。...

ヘルプサポート

17002004(03)

ピクシィを運営する株式会社スピカはプライバシーマークを付与された占い会社です。当社はお客様の大切な個人情報を適切にお取り扱いしております。

当サイト内の文章、写真、映像等の無断転載を禁じます

©  Spica co.,Ltd

landscapeimage landscapeimage

縦にしてお楽しみください