{%Tag:User:name}

ID:{%Tag:User:login_id}

今日のニュース画像

夏至の日の過ごし方

2019/06/12(水)

梅雨ということで天気の良くない日が多いですが、6月22日(土)は夏至になります。二十四節気の10番目となる夏至は、一年で昼の時間が最も長くて夜が最も短い日です。この夏至は、スピリチュアル的にも重要な日なので、どのような過ごし方をするのが良いか見ていきましょう。

一年で最も昼の時間が長いということで、夏至は「陽」の気が最高潮となります。スピリチュアル的には、太陽や宇宙から特に大きなエネルギーを受け取れる日です。この日を境にして徐々に「陰」の気へと転じていき、陰と陽のバランスを考える上で重要な意味を持つ日と言えるでしょう。陽から陰に変化していくわけですが、これまで蒔いてきた種が成長し、刈り取る段階に入っていくと考えてください。

夏至は、太陽や宇宙からのエネルギーをたくさんいただくのはもちろんのこと、浄化の力も高まっているので、断捨離をしたり自分の内面と向き合うのに良い日です。一年の折り返しでもありますから、上半期をふり返って反省すべきところは反省し、下半期をどのように過ごしていくか考えてみましょう。

ちなみに、地域によって夏至の日に冬瓜(トウガン)を食べる習慣があります。冬瓜には夏バテを防止する効果があるそうです。他に、タコやうどん、小麦餅を食べるという地域も。夏至の日は、このようなものを食べて、太陽のエネルギーを受け取り、自分の内面と向き合ってみてください。

九龍青司(くりゅうせいじ)先生

☆女性の味方・占石(せんせき)使いの九龍が参上☆大人の女性が涙や齢(よわい)に臆するなかれ。恋にお仕事。他人に言えない悩みでも、九龍と占石があなたの幸せを応援い...

詳しいプロフィールはこちら

メールアドレスを登録してね!

サポート、ヘルプ