{%Tag:User:name}

ID:{%Tag:User:login_id}

今日のニュース画像

お守りを持ち歩きましょう

2019/05/14(火)

どんなに気を付けて生活していても、いつの間にか体に悪い気を溜め込んでしまうことがあるものです。そんなときは、然るべきところでお祓いしてもらったり、浄化の効果があるパワースポットに行ったりするのが良いとされています。
でも、そもそも悪い気を寄せ付けないために、お守りを持っておくのもオススメです。
ただ、ひと口にお守りと言っても、実はいろんなバリュエーションがあります。今回は、さまざまなお守りについて見ていきましょう。

まずは、天狗の履物で足の病に効くと言われる「一本歯の下駄」や、水難を除けるための「河童のお面」もお守りの一種です。
節分のときに飾り付ける「イワシの頭」や「ヒイラギ」なども、魔除けのお守りだと言われています。

また、文字や図形にも魔除けの効果を期待したものがたくさんあります。たとえば、五芒星や六芒星の形は、悪霊や邪気が恐怖する「目」がたくさん出来る形です。
これらはひと筆で書けることから、悪霊を閉じ込める力もあるとされています。この「目」とはマス目の「目」と同じで、線に囲まれた空白の部分です。
星がデザインされたものなどは、かつて魔除けのお守りだったと考えられています。
神社仏閣でいただくお守りを持つのも良いですが、持ち物に星のデザインを取り入れるとお守りになって、悪い気を寄せ付けないかもしれませんよ。

カシオペア先生

不安になっても不安な心だけを独り歩きさせずに、そこにいる自分を感じてくださいね。...

詳しいプロフィールはこちら

ヘルプサポート

17002004(03)

ピクシィを運営する株式会社スピカはプライバシーマークを付与された占い会社です。当社はお客様の大切な個人情報を適切にお取り扱いしております。

当サイト内の文章、写真、映像等の無断転載を禁じます

©  Spica co.,Ltd

landscapeimage landscapeimage

縦にしてお楽しみください